今から奨学金を申請するつもりの人に向けて、
奨学金を申請するときの理由の書き方を紹介します。

基本的には、「学費が足りないこと」をアピールします。
一人暮らしであれば、「生活費が足りないこと」もアピールしてもいいでしょう。

ちなみに私の場合、日本学生支援機構の奨学金の応募で、次のような感じで書きました。

「昨今の不景気により、父の勤める会社の経営状態は悪化し、母のパート先の会社は来月に倒産します。
 家族の収入が減少するため、今後、家族が一人暮らしの私に仕送りできる金額は月8万円程度が限界の見込みです。
 このままでは、年間150万円以上かかる学費や生活費をまかなうことができないため、無事に大学を卒業できる見通しが立ちません。
 そこで私は貴機構の奨学金により学費を工面したいと考えています。」

 ここでは、「・・・という家庭事情がある。」⇒「よって、学費・生活費が足りず、このままでは、無事に卒業できそうにない。」⇒「だから、奨学金が必要である」という流れで書いています。

みなさんが書くときは、下にリストアップした代表的な申請理由を
いくつか選んで組み合わせて、家庭事情として書くことができます。

申請理由のリスト

①家庭の収入が減少傾向にある

 『家庭の年収が減少傾向にあるので、
家庭の出費全体に占める教育費の負担が大きくなってきている』という内容を書きます
②家庭の収入が少ない
 『家庭の年収が、◯◯◯万と少なく、家庭の出費全体に占める教育費の負担が大きい』という内容を書きます
③両親は共働きだったが、どちらかが働けなくなった
 『両親のどちらかが最近クビになり、当分の間、収入が増やせる見込みがない』、
『母が長期の療養を必要とする病気を患ってしまい、両親は共働きをすることができなくなってしまい、当分の間、収入を増やせる見込みがない』、あるいは、
『母が祖父母の介護のため、会社を退社してしまい、両親は共働きをすることができなくなってしまい、当分の間、収入を増やせる見込みがない』などという内容を書きます
④親が借金を抱えている
 『親が、毎月借金の返済に追われているため、家計が苦しい』という内容を書きます
⑤兄弟が多い
 『兄弟が3人いるため、家計全体に占める教育費の割合が大きく負担になっている』という内容を書きます
⑥一人暮らしである
 『親元を離れて暮らしているので、家賃、食費、光熱費などの支払い金額が毎月◯◯万円もかかる』という内容を書きます
⑦仕送りが少ないこと
 『親からの仕送りが月3万円と少なく、生活にぎりぎりであるため、学費に回せる金額が少ない』という内容を書きます
⑧親からの援助がない
 『親からの援助が全くないため、自分で学費を払う必要があるが、学業に専念したいので、奨学金が必要である』という内容を書きます
⑨アルバイトをする余裕がない
 『資格試験に挑むため、学業に専念する必要があり、アルバイトをする時間的な余裕がない』という内容を書きます。
⑩親に負担をかけたくない
 『親に金銭的な負担をかけたくない』という内容を書きます

 ちなみに、リストアップしたもの全てに共通しますが、「年収」、「仕送りの金額」、「家賃」など、金額がわかっているものについては、具体的な金額を書くと説得力が上がります。

 なお、推薦状の書き方については、他に記事に掲載しています。