私が、奨学金免除の申請書と一緒に提出した「推薦状」を、下に掲載します。

私は、下の文章をワードで書き、プリントアウトした書類に、教授に署名押印してもらい、
大学に提出しました。

基本的には、申請書で書いた項目に対応させて、推薦理由を書きます。

なお、 申請書については、他の記事に掲載しています。

「 推薦者は、申請者が○○大学大学院○○学研究科へ入学することが決まり、本学大学院へ入学前に推薦者が指導教官を務める学部生のゼミや授業等に参加した時から、申請者のことを知る立場にある。
 以下、申請者の指導教員として、貴機構の奨学金の返還免除資格を満たしていると思われる理由を述べる。

 第一に、申請者の研究遂行能力は卓越している。具体的には、
(1)本学○○○所属学生の中でも高評価の修士論文を書き上げたことである
(2)厳格な成績認定を行う本学○○○専攻において学業成績評価の7割がS・Aであることである(別紙 ①参照)
(3)本学○○○専攻の非常勤講師である○○○弁護士から依頼のあった研究調査を引き受け、遂行していることである(別紙⑥参照)
(4)○○教授の講義「・・・」において、受講者から出た質問に対して申請者が作成した回答が、高評価を得たことである(別紙⑤参照)
(5)○○教授の講義「・・・」において、受講生とともに、同講義の研究結果を、申請者が中心となり取りまとめ、○○研究科に対する運営改善の提案を行ったことである(別紙⑧参照)

第二に、勉学への意欲・行動力も卓越している。具体的には、
(1)平成XX年Y月から○○試験突破を目標とする勉強会を立ち上げたことである。本勉強会は、徹底した少人数で構成されており(現在は4名)、推薦者を指導教員とし、時機を見て指導を行っている。申請者が平成XX年度○○試験に合格していること(同年度○○試験の一次試験の合格率はYY.Y%)(別紙⑪、⑫参照)や、本学○○研究科所属の学生1名が平成XX年度○○試験に合格していることからも、本勉強会の質の高さが窺われる。
(2)学部生対象の○○ゼミへの積極的に参加していることである。大学院生という立場から、A曜B限の同ゼミにおいて積極的に発言し、議論を促すことを通じて、他のゼミ生に○○の知識・理解を提供し○○○に関する専門知識・理解だけでなく、ディスカッション能力の向上にも一役買ってもらっている(別紙②、③、④参照)。
(3)積極的にボランティアとしてシンポジウムや企業の○○セミナー(特に、企業における○○研修など)に参加し、○○○○に携わる優れた社会人になるため、情報収集を行っている(別紙⑨、⑩参照)。

 さらに、申請者は企業の○○部門に就職していることが内定しており、将来、有為な○○○に関する実務家になることが期待される。
 よって、申請者の今後への支援として返還免除措置についてご高配を賜るよう、お願い申し上げる。」